project D + IOHプロデュース「きみ去りしのち」@シアタートップス
e0047657_21405064.jpg

私が「IOH」という演劇集団を知ったのは、角松さんがきっかけです。
初めは角松さんがFCの会報(だったかな?)で「IOH」のことを書いたのを読んだ時(作・演出
の林邦應さんと親交があるということ)そして、その数年後にIOHプロデュースの舞台
「Rebirth」で、角松さんが主演俳優(!)として本多劇場のステージに上がったのは、
もう遠い昔のことのような気がします(笑)
あの時は結局毎日通っちゃったけど、本当にハラハラしたっけ・・・(爆)

その後、DMをいただくようになったので、何度か公演に足を運ばせていただきました。
「Rebirth」もそうだったけど、いつも「家庭」が真ん中にあって、温かいのにとっても切ない
気持ちにさせてくれるお芝居は、どんなステージを観ても滅多に涙なんか出ない私でも
ホロッしてしまうことが多かったです。

そんなIOHプロデュースの「最終」公演のお知らせを聞いて、とっても残念な気持ちです。
またその理由が何ともしようがなくて・・・。

「きみ去りしのち」は、残念ながら私が観た回が最終公演だったけど、その続編の3年後の
物語になる「やっとお別れ」は今度の水曜日から同じ劇場で始まります。
「やっとお別れ」は私も一度観たことがある作品です。
でも、絶対にもう一度観に行こうと思ってます(^_^)

また、この家族のみんなと会いたいです。
いつの日か、またお会い出来るのを楽しみに待ってますからね♪
e0047657_1340952.jpge0047657_20103949.jpg







KAT-TUNファンにはたまらないだろうなぁ(笑)
外は亀梨&赤西オンリーだけど、車内にはFOMAの広告で他のメンバーも。
もちろんCMも流れてます♪

いいなぁ☆ これが20年前なら、きっと少年隊だったのに(^_^;)
e0047657_4461546.jpg

JRの始発待ちで~す(^_^;)
昨日のライブは楽しかったけど、さすがにちょっと大変だなぁ(苦笑)
TOSHIKI KADOMATSU 25th Anniversary Performance @横浜アリーナ

とにかく、行って良かったと思います。

グッズ売場の見たこともないような混雑の中で(*_*) やっとパンフを買えたところで
「始まっちゃった~っ!!」  
自分の席を探して必死にダッシュするも、東スタンドは遠い(>_<)
それでも何とか席に着けたところで、角松さんがステージに現れたから、まぁよしとするか★

いきなり「Realize」で、私にとっては意外な選曲でした。
そこから、解凍後のツアーを順番に再現していく構成も、今回は全く事前情報を聞かないで
参加したので、正直ビックリでした。

20年以上も前からファンではあったけれど、解凍の武道館ライブが初角松ライブだった私に
とっては、一つ一つの思い出を振り返るような感じで懐かしかった~~♪♪
ホントに色々なことを思い出しました。結構忘れてたことも多かったけど(笑) 楽しいことが
沢山あったんだなぁと、改めて感謝(^_^)

その中で青木さんのベースの音が聴こえてくると、涙を流しちゃいけないと思っても、どうにも
止められない時がありました。
いつもならいるはずの場所に、お花と一緒に置かれた「Bass is my life」という文字が書かれた
青木さんの写真を見ると、やっぱり言葉にならないです。

でも、青木さんはそこにいました。
「IZUMO」の演奏の時には、どうにも涙がこらえられなかったけど、青木さんのベースで
聴けて嬉しかった(^_^)
きっと、このままずっと青木さんは、いつまでも私達の中には居続けてくれるんです。

休憩をはさんでの6時間のライブは、きっと角松さんご本人が一番大変だったでしょうけど、
25年のうちの解凍後の8年間を見せてくれたことについて、私は潔さを感じました。

終演後(って言ったって、もう午前0時を大きく回ってるし・爆)いつものメンバーで朝方まで
飲んで始発を待つことになったのは言うまでもありません☆
でも、楽しかったよね~~~♪♪♪

30周年はどうなることやら(笑) 

e0047657_2126618.jpge0047657_21264069.jpg
懐かしい(!)人や、
スゴイ方からお花が
届いてました。





・・・そういえば、角松さんはギターの弦を一体何回切ったんだろう(^_^;)

そうそう、とっても沖縄に行った気分にもなりました(笑)
でも角松さん、そのパワーに押されすぎないように☆
e0047657_143562.jpg

南の方に(^_^;)
もちろん国外でも可(笑)
何だかダルさが抜けないので、今日は仕事を休みました★
毎日ムダに忙しいんだから、たまには仕方ないでしょう(-_-;)

e0047657_1855834.jpg
で、午前中はずっと寝てたのに、ちょうどお昼の1時に
目が覚めたので、初めて「吾輩は主婦である」を観ました。
想像してた昼ドラとはちょっと違ってたけど(どっちかって
いうと、ちょっと前のTBS系のホームドラマっぽいかな)
面白いね~(笑) 1話完結なのもいいし。 
でも、ミッチーのキャラはいつも通りな感じ(笑)

それにしても、斉藤由貴があまりにもフックラし過ぎててビックリ★
元々ポチャッとした感じだったけど、年齢的なものもあるのかなぁ。
もう20年くらい前になるけど、斉藤由貴は映画でよく観てました。
当時は主題歌も歌ってたからCDもよく聴いてたし、その後の崎谷健次郎プロデュースの
作品とかも好きでした♪
なので、余計に時の流れを感じます(^_^;)
でも仕方ないか、もう、あややの母親役が回ってくるくらいなんだし。
・・・同年代としてはリアルに淋しいけどね(爆)