2035年

昭和島ウォーカー@東京グローブ座
e0047657_21374264.jpg

イノッチの主演舞台に行ってきました。



舞台は2035年の昭和島にあるロボット工場・・・というシチュエーションを聞く限りでは
もの凄い近未来的なストーリーを想像するけど、まるで昭和の下町の工場を思わせる
舞台セットで、チラシやポスターで見た印象とはかなり違うステージ。
イノッチは先代の遺した工場にフラッと戻ってきた二代目の役でした。

始めのうちは何となく説明が長いような気がして、調子が悪くて風邪薬を飲んでいた
せいもあって「寝ちゃうかも・・・」と心配だったんだけど、そんなことは全くありません
でした(^o^)
テンポがいいので、気がつけばグイグイと引き込まれて、休憩なしの2時間がアッと
いう間☆ それに出演者の方々が個性的で、キャラの濃い人が多かったです。

イノッチはやっぱりキャラが良い!出てくるだけで、その場がパッと明るくなりますね。
下町の工場の二代目も似合います(笑)
決して華があるというタイプではないのに(←失礼m(_ _)m) 存在感があります。

よくよく考えると「ありえない話」なのに、観終わったら「2035年にはもしかしたらこんな
こともあるかも」って思ってる自分がいました(笑) ロボットの話って夢があるしね(^_^)

カーテンコールが終わって、後ろがザワザワするので振り返ると渡瀬恒彦さんがいらして
ました。本当にあのドラマの方達は仲良しなんですね。これもイノッチの人柄かな♪

あ~、面白かった(^o^) 
次にグローブ座に行くのは長野くんの舞台の予定。そちらも楽しみにしてます♪
by TwentyYears | 2008-11-08 22:22 | 演劇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://playzone.exblog.jp/tb/8927952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。